マンション管理なら三井不動産レジデンシャルサービス株式会社へ

企業情報

働き方改革

【三井不動産レジデンシャルサービスの「働き方改革」に関して】

くらしを見つめて、私たちにしかできないことを。

当社では、STATEMENTである「くらしを見つめて、私たちにしかできないことを。」を提供するため、2016年度より本格的な「働き方改革」を開始しました。
高度化・多様化が進む社会の中で、今まで以上のサービスを提供しお客様の笑顔を生み出すため、私たちはこれまでの働き方を変え、人間力を磨き、社員たちが笑顔で働くことでお客様のニーズに応えていきます。
この笑顔と喜びにあふれた「すまい」と「くらし」をご提供し続けることを目標に、三井不動産レジデンシャルサービスでは働き方改革を進めていきます。

お客様の笑顔は社員の笑顔から! お客様の笑顔は社員の笑顔から! お客様の笑顔は、社員の笑顔から!

この取り組みのスローガンとなる「お客様の笑顔は社員の笑顔から!」は、社内で公募を行い、545作の応募の中から選ばれたものです。
当社が目指す働き方改革は、お客様のご理解とご協力のもと進めております。
だからこそ、私たち社員がお客様に対して、笑顔で働くこと、笑顔でサービスすることをお約束します。

「働き方改革」の具体施策

2016年から社員の心身の健康づくりをサポートする「健康経営」と、業務改革・生産性向上により社員のプライベートや社外での学びも充実させる「変える帰るプロジェクト」の両輪で取り組みを進めています。

健康経営宣言

2016年4月1日、代表取締役社長・高松茂より全社にむけて『健康経営宣言』を発表しました。

代表取締役社長 高松 茂

代表取締役社長 高松 茂

会社の基本姿勢

  1. ひとりひとりが健康に活躍できる会社を目指す
  2. 健康維持増進のための社内規定・制度の構築を推進する
  3. 快適な職場環境づくりを推進する
  4. 生活習慣病予防についての取組を支援する
  5. メンタルヘルス対策に取り組む
  6. 従業員の休日を大切にする
  7. 社内コミュニケーション醸成を支援する

従業員の意識・行動

からだの健康

  1. バランスの良い食事と運動を心掛ける
  2. 健康診断を必ず受診し、結果コメントに従う
  3. 節酒・禁煙に努める

こころの健康

  1. 自分自身のこころの状態を知る
  2. 自分だけで抱え込まないで、誰かに相談する
  3. 周囲の人に関心を持つ

働き方

  1. プライベートを大事にする
  2. 代休・有休を計画的・積極的に取得する
  3. 働くだけの1日にしない

変える帰るプロジェクト

当社では業務改革・生産性向上を中心とした働き方改革を「変える帰るプロジェクト」と名づけました。
働き方に関する意識・行動を“変え”、仕事を終え早く“帰る”こと、そして心も体も健康になって働くことを目的としています。
2016年度はプロジェクト開始の初年度として、活動の認知と意識の浸透に向けた取り組みを実施しました。

結露とカビを防ぐ

ロゴ作成・配布(名刺等)

床のお手入れ

イントラネット上に特設サイトの開設

玄関のお手入れ

働き方改革をテーマにした、社員と役員の座談会等を実施

建具のお手入れ

取り組みを積極的に推進するモニター社員を任命

取り組みの経過と今後

2013年のノー残業デーの導入を皮切りに、以下のような取り組みを実施してきました。
今後も働き方の改善に向けて、フレックス勤務制度やセルフ勤務計画など、さまざまな施策を導入して、柔軟な働き方をサポートしていきます。

管理会社変更の流れ

人事制度・社内環境の整備

社員がいきいきと活躍できる環境を構築するため、人事制度・社内環境についても改善を進めています。

フレックス勤務制度

フレックス勤務制度

コアタイムを10:00~15:00とし、その前後8:00~19:00の間で1日の始業時刻と終業時刻を社員個人が決めることができる制度。
(一般管理部門の社員、2017年度下期~)

セルフ勤務計画

セルフ勤務計画

翌月の仕事・プライベートの予定にあわせて、出勤日と休日の勤務計画を社員自身が決める制度。月単位の休日アレンジが可能で、時差出勤と組み合わせることで、幅広いワークスタイルを実現できます。
(営業部門の社員、2017年度下期~)

モバワク

モバワク

事前に予約することで、自宅から近い支店で勤務できる制度。外出や半休と組み合わせて効率よく仕事を行うことができ、スタッフ部門とライン部門間のコミュニケーション促進にも役立ちます。

時差出勤

時差出勤

通常出勤を含む複数のパターンの中から、社員が自由に出退勤時間を選択できる制度。半日有給休暇と組み合わせることも可能です。

年次有給休暇の時間単位取得

年次有給休暇の時間単位取得

年次有給休暇の一部を時間単位で取得できる制度。短時間だけ有給休暇を取りたい、というニーズに対応します。
(2017年度下期~)

健康相談室

健康相談室

保健師常駐・産業医連携の健康相談室を設置し、健診結果の管理、体調管理の相談、面談のほか、健康に関する各種情報の社内発信も行っています。

メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント検定を会社指定資格とし、社員のメンタルヘルスケアに努めています。
※管理職はII種(ラインケアコース)が必須資格。

フリーアドレス

フリーアドレス

テーブルを斜めに設置し社員同士の顔が見えやすくすることで、コミュニケーションの活性化および仕事の見える化をはかっています。一方、ひとり作業に集中したいときのため、集中スペースも設けています。また、ライチタイムや気軽な打ち合わせはもちろん、飲み会や各種イベントにも利用できるコミュニケーションエリアを設けています。エリア内には座敷スペースやマッサージチェアもあり、自由に利用できます。

社内の様子 社内の様子

社員の声

社員の声1

「子育てを通して視野が広くなりました」

2007年入社 横浜支店 野本陽介

子供の送り迎えのため、週1回の時短勤務をとっています。送り迎えの際に他のお母さん方とお話をすると自分とは全く考えが違うということに気づき、視野が広がりました。今後のお客様とのコミュニケーションも違ったものになりそうです。2016年度は「働き方改革座談会」にも参加しました。社内の人にもどんどん広げていきたいですね。

社員の声2

「お客様との打ち合わせもスムーズに」

2014年入社 武蔵野支店 富森紅瑛グレース

お客様との予定が夕方からある日やその翌日は、時差出勤を利用します。時差出勤のおかげで予定にあわせてメリハリをつけて働くことができ、子供の送り迎えや用事も夫と協力してこなしています。今後はモバイルパソコンも積極的に利用して、現場でお客様との接点を増やすとともに、セルフ勤務計画で子供との時間を楽しみたいです!

社員の声3

「モバワク・時差出勤で時間創出、新たなことにチャレンジ!」

2011年入社 総務部 金子幸弘

豊洲勤務になり通勤時間がぐっと増えました。そこでモバワクや時差出勤を利用したところ、通勤時間や満員電車によるストレスが減りました。満員電車でないだけで仕事に向かう気持ちが全然違います(笑)また増えた時間で、本を読むなど自己研鑽に取り組んでいます。世の中がどんどん変わっていくので、仕事でも新しい知識をどんどん取り入れて、やり方を変えていく必要がありますね。

社員の声4

「子育てと仕事の相乗効果」

2012年入社 サービス推進部 彦山美智子

出産後、時短勤務で働いています。子供がいると送り迎え以外にも通院やその他の用事も増え、休暇が底をつきそうで困っていましたが、時差出勤やモバワク制度ができて、以前より働きやすくなりました。今後、有給休暇の時間単位取得が始まると、もっと両立しやすくなりそうです。子育て経験を生かして、違った視点から新サービスの企画に取り組んでいきたいです。

在宅勤務制度

在宅勤務

在宅勤務

当社では、2016年より障がいにより通勤が困難な方を在宅勤務社員として採用しています。在宅勤務社員が集計作業等を行うよう社内業務を見直し、多様な社員がそれぞれの特性を活かしながら、効率よく仕事を進められる仕組みづくりを進めています。

社員の声5

「自宅勤務で自分に合った仕事を」

2016年入社 人事部 松枝泰弘

常時車いすを利用しており、自宅でマンションのアンケート集計や各種文字起こし等の業務を、営業部門と連携して行っています。新しい業務にもどんどん挑戦していくため、PCスキルを勉強するなど、障がいがあっても他の社員と肩を並べられるよう努めています。

当社管理マンションのお客様へ

当社では「働き方改革」の取り組み推進と、お客様の「すまい」と「くらし」をいつまでもお守りしていくことを両立させるため、業務体制の整備にも注力しております。
従来は「個人対応」になりがちであった業務体制を「組織対応」へと移行するため、各種マンションデータを整備、業務フローシステム化を行い、現在は各種トラブルの緊急対応受付けだけではなく、管理に関する各種手続き、暮らしのご相談について、24時間365日いつでも対応するコールセンターを設置し、ワンストップでお客様のお問い合わせに対応する窓口を設けています。
担当者の不在に関わらず対応する組織体制を整えていますので、是非ご利用ください。

24時間365日いつでも対応するコールセンターを設置し、ワンストップでお客様のお問い合わせに対応する窓口を設けています。 24時間365日いつでも対応するコールセンターを設置し、ワンストップでお客様のお問い合わせに対応する窓口を設けています。 24時間365日いつでも対応するコールセンターを設置し、ワンストップでお客様のお問い合わせに対応する窓口を設けています。

お住まいのマンションや
当社サービスに関するご相談・お問い合わせは

0120-8656-31


24時間365日対応

ご質問・ご相談など
各種お問い合わせ

管理業務・住生活サービスに関するお問い合わせ先
フリーコール0120-8656-31

24時間365日対応

マンション管理のお見積りに関するお問い合わせ先
フリーコール0120-395-310

※ご相談窓口受付時間:月曜日~金曜日
9:00~17:30(祝日除く)

お問い合わせフォーム

null