マンション管理なら三井不動産レジデンシャルサービス株式会社へ

すまいのお手入れFAQ(当社管理マンションにおすまいの方)

結露とカビを防ぐ

結露

結露

結露とは、湿気を含んだ暖かい空気が冷たい壁・天井・サッシなどに触れて冷やされ、そこに水滴が付着する現象をいいます。
これは、グラスに冷たい飲み物を注ぐと外側に水滴が付くのと同じ原理です、マンションは特に気密性が高いため、結露が発生しやすくなります。 加えて、建物の躯体コンクリートには水分が含まれています。
この水分が抜けるまでの竣工後1~2年は湿気が多く、結露によるカビが発生しやすいので、この間は十分な換気を心がけましょう。

結露をそのままにしておくと

結露によって発生した水滴をそのままにしておくと、次のような弊害が生じます。

カビが発生する

  • 壁や天井の美観が損なわれる
  • 異臭が発生する
  • 物入の中の物が湿気る
  • カーペットなどにダニがわく

室内が汚れる

  • 壁や天井のクロスにシミが付く
  • 壁や天井のクロスがはがれる
  • 衣類やカーテンなどにシミが付く

室内が傷む

  • 木製の建具類の塗装がはがれたり傷む
  • 家具類の裏側や内部が傷む
  • 室内の金具類の塗装がはがれたり錆びる

以上のようなことは、どれも住まいの耐用年数を縮めることにつながり、それが原因となって住宅の価値を低減することにもなりかねません。

カビの発生は、このように住まいの美観を損ねるだけでなく、アレルギー性疾患の原因になるなど健康にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。

結露を防ぐには

結露を防ぐには

水蒸気の発生を抑える

空気中の水蒸気を目で見ることはできませんが、実際は住まいの中のさまざまな物から驚くほど多く水蒸気が発生しています。
炊事や入浴の時はもちろん、人間の体や息からも水蒸気は発生し、ちょっとした作業をするだけでも1時間に45~60ccもの水蒸気が発生します。
結露を防ぐためには、まず水蒸気の発生をできるだけ抑えることです。

室内に洗濯物を干さない

室内で乾かす場合は、浴室換気乾燥機を利用するか、洗面室で換気扇を回しながら行ってください。

換気をよくする

室内の換気や風通しをよくすることは、結露を防ぐ最も手っとり早く効果的な方法です。

住戸内の温度差を少なくする

室温が高すぎると、室内の空気は水蒸気をたくさん含むことになります。住まい全体を暖め、極端に寒いところをなくすようにしましょう。

私たちは三井不動産グループのマンション管理会社として、パークホームズ、パークシティ、パークノヴァ、パークリュクス、パークアクシス、パークコート、パークタワー、パークマンションなど、三井不動産レジデンシャル株式会社が開発・分譲したマンションを中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、滋賀県エリアの超高層マンションから再開発事業に伴う大規模・都市型マンションなど数多くのマンション管理を行っています。

ご質問・ご相談など
各種お問い合わせ

当社管理マンションにお住まいの方
フリーコール0120-8656-31

24時間365日対応

管理会社をお探しの方へ
フリーコール0120-395-310

※ご相談窓口受付時間:月曜日~金曜日
9:00~17:00(祝日除く)

お問い合わせフォーム

null