先輩の声

マンションを管理すること、それはお客様の大切な暮らしをお預かりするということ 2000年度入社 東京南支店 営業課 マネジメントスタッフ 小林 大三

自分の提案がマンションを活性化させる

小林大三写真_01

マンションには、購入したお客様全員で構成する管理組合という組織が必ず存在します。そしてその管理組合の役割は、今住んでいるマンションをいつまでもずっと住み続けたいと思えるマンションにすることです。しかし、マンションの管理はお客様だけでは解決できないような、法律や建物・設備などの専門知識が必要となります。そんな管理組合のサポートをしていくのが、フロントマネージャー(マネジメントスタッフ)です。マンションの清掃や設備点検といった専門的な業務の取りまとめはもちろん、お客様から寄せられる日々のお問合せ・お悩みの解決や、居住者全員でおこなう総会や管理組合の代表者でおこなう理事会のサポートなど、その業務は多岐に渡ります。さらに、建物の管理だけではなく、マンション内でイベントや懇親会の開催なども、お客様同士のコミュニティ形成のサポートとして提案していきます。サポートといっても、知識だけあればいいという訳ではありません。大切なことは、お客様の立場に立って考えること。お客様からご提案をいただく前に、私からよりマンションが活性化していく提案をする姿勢を心がけ、日々の業務に取り組んでいます。

お客様との強い信頼関係を築ける仕事

小林大三写真_02

管理組合の代表は理事会という組織を構成して、その会で打ち合わせをしています。多くは、月に1度、もしくは2ヶ月に1度くらいの割合で開催します。一時期ある理事会では、排水管の工事など検討する内容が多岐に渡り、長時間におよぶ白熱した検討を何日も繰り返したことがありました。お客様のマンションを何とか良くしていきたいという気持ちが私にも伝わり、その気持ちに応えようと、私も必死に提案し続けました。時には厳しいお言葉をいただくこともありましたが、最後には忘年会に呼んでいただき、「よく頑張ってくれたね」とお声がけいただいた時は、頑張ってよかったなという達成感でいっぱいになりました。マンションをより良くしていきたいという同じ方向をむいて、お客様との強い信頼関係を築ける仕事。他の仕事にはない、フロントマネージャーの仕事ならではの醍醐味だと思います。

1日のスケジュール

「マネジメント」の仕事内容を見る

先輩の声

  • プランニングスタッフ 善本 奈津子
  • マネジメントスタッフ 小林 大三
  • マネジメントスタッフ 栗原 聖志
  • コンサルティングスタッフ 吉田 忠司