先輩の声

連携をとり、マンションを育てることで、当たり前を感動に変えていく 2007年度入社 技術工事部 技術工事課 コンサルティングスタッフ 吉田 忠司

いつまでも住み続けたいと思う住まいを守るために

吉田忠司写真_01

すべての建物は、時間とともに劣化していきます。何年たっても快適な居住環境を提供するためには、改良を含めた適切な維持管理が不可欠です。建物の劣化をあらかじめ予測して、修繕工事計画を立て実施していく。コンサルティングの中でも私の所属している技術工事課は、工事分野に特化したサポートを担当しています。お客様は一般の方です。どんな工事を実施するのか知っていただくために、説明資料の作成や、現場のご案内、工事のスケジュールの提案など、修繕工事とはどういうものか、分かりやすく説明していくことが腕の見せ所です。まずは、お客様に理解していただき、そして信頼していただくこと。それが何よりも大切な仕事となります。もちろん、工事完了後のアフターサービスも重要な仕事のひとつ。工事完了で終わりではありません。だからこそ、お客様との強い信頼関係を築くことを何よりも大切にしています。

結束力を高めるコミュニケーション

吉田忠司写真_02

技術工事課の仕事は、お客様の要望をお聞きしたり、現場に指示を出したりなど、コミュニケーションが必要とされます。マンションの工事は一人ではなく、チームで動いていきます。技術工事課の中でいえば私のような総合職と、専門役と呼ばれる技術に精通しているスタッフ、協力会社の担当者など、ひとつの仕事を協力して進めていきます。もちろん、工事受注から完成に至るまでには、提案力や技術力が必要不可欠となります。お客様への提案としては、まずは私がプレゼンテーションを行い、より専門的な技術部分は専門役の方にサポートをしてもらいます。お客様のニーズをしっかりと把握し提案をしていくこと。そして、修繕工事という大きなプロジェクトを成し遂げるためには、コミュニケーションをとることで現場を上手くとりまとめ、連携していくことが重要です。

1日のスケジュール

「コンサルティング」の仕事内容を見る

先輩の声

  • プランニングスタッフ 善本  奈津子
  • マネジメントスタッフ 小林 大三
  • マネジメントスタッフ 栗原  聖志
  • コンサルティングスタッフ 吉田 忠司