若手社員座談会

社員全員が体現する
人の三井”を感じて欲しい。

三井不動産レジデンシャルサービスの社員たちは、
「何が入社の決め手だったのか?」「実際入ってみたら、どんな会社だったのか?」など、
就職活動中の学生さんたちが気になるポイントについて、
若手社員3名が集まり、率直な意見を交わした座談会をお届けします。

Member profile

  • 町田支店 営業課
    安治川 優 | 2016年入社
  • 管理品質部 管理品質課
    内古閑 千恵子 | 2016年入社
  • 中部支店 営業課
    大久保 翔 | 2019年入社
入社の決め手は?

入社の決め手は?

安治川
私は、大学3年生時よりさまざまな業種のインターンシップに参加していました。数多くの企業のインターンシップに参加していた私が断言するのは、どの会社よりも和やかで雰囲気が良く、一番楽しめたのが当社のインターンシップ。なので、結構早い段階から第一志望でしたね。

大久保
私も当社を選んだ理由はインターンシップでした。人事の方に「大久保くん、すごくうちの会社に合ってるよ。就職活動頑張って!」と声をかけていただいて嬉しかったですね。

内古閑
私もそのまま〝人〟かな。選考途中で会った先輩がフランクな方で、なんでも詳しく話してくださったのが印象的で、「こんな先輩がいるなら働いてみたい」と思ったのが最初。大手の同業他社からも内定をいただきましたが、当社は大手ほど社員が多過ぎない規模感もブランドコンセプトも「人に優しい」イメージがして、その点も入社の決め手になったかと思います。

入社してみて
どう感じてる?

入社してみてどう感じてる?

安治川
「人の三井」というフレーズをよく耳にしますが、実際に働く中で優しい方が多いなと感じます。 就職活動をしているときは、会う社員みんな魅力的だなあ、という感覚でしたね。

大久保
私もそう思います。働いてみると周りの上司や先輩に助けられることがすごく多くて、「人の三井」と言われる理由が分かりました。

内古閑
結局、言い換えると全てにおいて「誠実」な方が多いのだと思いますね。

安治川
「誠実」はまず〝当たり前〟だよね。私たちの仕事は〝売って終わり〟ではなく、ずっと担当していく業務。だからこそお客様の信頼を裏切りたくないし、その場しのぎで誤魔化しても自分が苦しくなるだけですので、誠実じゃないと続かないかなと思います。

内古閑
私も本社から支店営業部を支える業務に携わるなかで、「私が誤った情報を流したら、みんなが困る」という意識は常にありますね。誠実であろうと思うことも、当社で自然に培われた気がします。

ズバリ、一番の
魅力は?

ズバリ、一番の魅力は?

大久保
ある管理組合から共用部分の美観について厳しいご意見をいただいた際、支店全員でその物件の清掃に行ったんですよね。「誰一人嫌な顔もせず、全員で」というところにグッときて。

安治川
私は災害で冠水の被害に遭ったマンションの担当者だった際、支店の上司や先輩が排水ポンプを持って駆けつけてくれたことがありました。誰かがトラブル対応をしていたら、みんなで解決していこうという文化だなと感じますね。

内古閑
みんな似たような経験があり、担当者の気持ちも大変さもよくわかるからこそ、そのような文化があるのかもしれないですね。私も業務で大変なことがあった際には先輩が励ましてくれたり、気分転換にご飯に誘ってくれたりしたこともありましたね。

安治川
私も同じような経験がありますね。

大久保
私も経験あります。自身の仕事は終わってるのに残っていて、さりげなく「どうしたの?」って声かけてくれる先輩。一人でいるより誰かがいてくれた方がやっぱり気持ちも違うので、嬉しいですね。

内古閑
それもやはり自身の経験から、後輩を傍で見ていると「何かあったんだろうな」ってわかるからですかね。後輩が一人で残っていたら、私も放っておけませんね。

利用して良かった制度

利用して良かった制度

安治川
社内の部活動である「三睦会」って結構存在価値が高いと思っていますが、内古閑さん大久保さんは何か入ってますか? 私はちなみに野球部に所属しているのですが、先輩・後輩だけでなく役員や部長・課長クラスの方も参加してますね。

内古閑
私は釣り部とランニング部ですね。

大久保
私はサッカー部に所属しています。ですが、安治川さんとは野球部のBBQイベントでお会いしましたね。野球はできませんが、BBQにて存在感を示しました(笑)。

安治川
そうだったよね。後輩とも自然と顔見知りになれるのが三睦会の魅力。仕事でも、あの部署の誰々さんに相談しようとか、役に立つことが多くて助かってますね。

内古閑
三睦会だけじゃなく、社長との食事会や、前部署のメンバーが異動後にも集まっている懇親会もあります。公式・非公式問わずいろんなコミュニティができあがっていくのも当社の魅力ですね。

安治川
新入社員配属後に専属で先輩社員がついてくれるブラザー・シスター制度(OJT制度)はどうですか?
私は入社5年目で初めてブラザー(新卒社員の指導担当者)を経験しました。

大久保
私自身まだブラザーの経験はありませんが、私のブラザーは中途入社された先輩社員でした。1年間業務のノウハウを教えていただきましたが、自身がマンションの担当者になるとまだまだ分からないことが多く・・・。いろいろ聞けてなかったなと反省しました。

内古閑
新入社員の時は、自分から主体的にブラザーシスターに聞いたほうがいいよね。教わる側が受け身だと教える側も難しいと、自分がシスターをやってみて思いました。ただ、シスターの立場からすると新入社員の成長は嬉しいこと。2年目の後輩が管理組合の総会で堂々と質問に答える姿を見た時は、「もう、私がいなくても十分やっていけるな」と感動しましたよ。

大久保
この制度があることで、「これ誰に聞いたらいいんだろう?」とはならず、必ず頼れる人がいて、孤立しないというのは大事だなって思いました。

安治川
仕事だけじゃなく、プライベートな話もするようになるよね。私はその後輩と一緒に旅行にも行きました。

内古閑
私もプライベートな話も普通にしてますね。

大久保
私はブラザーの家に遊びに行って、ブラザーの奥さんとも仲良くなりましたよ。ベビーシッターとしても活躍させてもらいました。(笑)

内古閑・安治川
それはまた、すごいね(笑)。

学生に伝えたい
ことは?

学生に伝えたいことは?

大久保
現在、国土交通省やマンション管理業界が中心となって、マンション管理のプレゼンスをより高めていこうという変革期に入っています。これは学生の皆さんにもぜひ知ってほしいですね。

内古閑
そうですね。マンション管理業界は管理する建物がある限り、必要とされる仕事という点についても知っておいていただきたいです。

安治川
今後マンション管理業界は、さらに新しいことに挑戦していくフェーズになると思います。リーディングカンパニーである当社の管理が新しい価値創造をしていくことが重要だと感じますね。

大久保
新しい価値創造をしていくことを考えると業務のモチベーションが上がります。そういう将来に期待して、ぜひ共に頑張ってくれる方に入社してほしいです。

安治川
まずは当社だけでなく、色んな企業や人と出会って、自分に合う会社なのかどうかを自身の肌で感じてほしいですね。就職活動の質を高めるのも結局は経験値だと思います。多くの方と出会ったなかで、結果的に当社を選んでもらえたら嬉しいです。

内古閑
私も人に会うことを一番重視して、1社1人ではなく、気になった会社の社員の人はできるだけ多く会って、その方々の考えを吸収しようと頑張りました。当社社員だけでも何人も会っていましたね。

大久保
私は、ここで自分の働く姿が想像できた、というのは大きかったですね。その直感を信じてみるのも間違いではないと思います。

内古閑
就職先の決め手は人それぞれですが、社員や社風に共感して、当社で一緒に働きたいなと思ってもらえたら嬉しいです!

NEXT CONTENTS